INTRODUCTION

1960年代ニューヨークー 酒、タバコ、金、サクセス、女、そして夢
《欲望》に溺れるアメリカ広告業界を舞台に贈る、魅惑のヒューマン“カタルシス”ドラマ!

  • エミー賞R受賞プロデューサー&脚本家マシュー・ワイナーの秀逸なシナリオ!!

    「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」でエミー賞作品賞を受賞し、「マッドメン」でエミー賞ならびにゴールデングローブ賞を受賞した、今アメリカで最も売れているマシュー・ワイナーの渾身の脚本。成功を収め自信に満ち溢れていたアメリカと、その奥に潜む不安が渦巻いている心底が見事に描かれており、50年前のものとされる人種・性差別、節操や野心、アイデンティティーの問題が、決して過去のものではなく、現在も我々が抱えている事を思い起こさせる。

  • 成功のカギ ー ノスタルジックでエキサイティングな人間ドラマ

    「マッドメン」がアメリカで大当たりするカギとなったのが、失われたデカダンスと欲望の時代に対するノスタルジーだった。ちなみに舞台となったこの時代は、保守的な空気感や支持率の低い大統領の政権などから、ブッシュ時代のアメリカと比較されることが多い。半世紀前の「転換期」と、「変革」を標榜したオバマ大統領が登場した現代を重ねあわせながら見ると、またひと味違った楽しみ方ができる。また、一方で時代は違っても、社会のストレス、差別問題・・・など誰もが共鳴できる部分があることも大ヒットの裏には隠れている。

  • スタイリッシュ&セクシー!! こだわりのディテール

    60年代のニューヨークを完全に再現。アメリカン・ミッドセンチュリーの家具やオフィス、シガレット・ケースやブランデーグラス、ピンストライプ・スーツやカフス等のファッションや髪型、食べ物にいたるまでこだわりぬいたディテール。失われた時代の退廃的なライフスタイルのセクシーさを現代に蘇らせ、ヴィンテージブームの再燃に貢献した。

  • まだ地位が低かった60年代の女性のサクセス・ストーリーも話題に!

    当時、職場でタバコやウイスキーを飲み、セクハラが問題としてとらえられていない時代。60年代初頭のまだまだ女性の地位が低かった時代に、アシスタントから頭角を現し、広告のクリエイティブの地位を手に入れる新人女性の出世の物語が同時に描かれたことも、本作が人気を博した理由のひとつである。

  • 「地球上でもっともハンサムな人間」と、その脇を固めるキャスト陣

    広告マンたちの攻防や、秘書たちとの恋愛事情で彩られるオフィスの人間模様を鮮やかに描くキャスト陣。「マッドメン」でブレイクしたジョン・ハムは、“サタデー・ナイト・ライブ”のティナ・フェイをして、「地球上でもっともハンサムな人間」と言わしめたイケメン。また“セックス・アンド・ザ・シティ”で主役キャリーと恋する政治家の役で女性たちの注目の的となったジョン・スラッテリーが演じるロジャー・スターリングや、“ER”でお馴染みのクリスティーナ・ヘンドリックスが演じるセクシーな秘書ジョーン・ホールウェイなど、周りを固めるキャラクターたちも人気を集めている。ドレイパーを囲む女性たちのタイプがそれぞれまったく違うのも、広告マンたちのキャラクターがばらばらなのも、「マッドメン」のストーリーに厚みを増している。

▲PAGE TOP